松原の結論 ⇒「個人年金保険には入るな!」

個人年金保険の比較サイトを運営しているくせに、「個人年金保険に入るな!」という結論に達した松原が、その理由と、ほとんど知られていない優良な運用手段をお伝えします。

>> 続きはこちら  

変額年金の責任準備金って何?私達にとって、どういう意味があるの?

変額年金責任準備金って何なのでしょうか?語感からすると、私達契約者に対する保護機能のようですが。


変額年金の責任準備金というのは、保険会社が変額年金に何らかの保証を付けて販売する場合、その保証に耐えうるように、ちゃんとお金(=責任準備金)を積み立てておきなさいよ、という制度です。


昨今、ほとんどの変額年金には、何らかの保証が付いているものがほとんどです。本来なら運用実績がそのまま私達の受け取る金額になり、保険会社側には何のリスクもないはずですが、それでは日本で変額年金は売れません。年金支給額・年金原資に最低保証を付けていない場合でも、死亡時には支払った保険料相当が返ってくるタイプのものがほとんどです。


ですから、ほとんどの変額年金が対象になっており、各社責任準備金を積み立てていることになります。「お金を用意してないのに、保証するなんて言っちゃダメだよ」ってことですね。

さらに突っ込んだ話すると、私達が保険会社を比較する際に、その会社の健全性を見るために「ソルベンシーマージン比率」を参考にしたりしますが、あの計算においても、リスクの評価額の計算のところで、最低保証などに付随するリスクを計算に入れることになっています。


最近は消費者も各社の経営状況を厳しくチェックするようになりましたから、保険会社としてはソルベンシーマージン比率は下げたくない。ソルベンシーマージン比率を下げないようにしたかったら、資本金を増やさなくてはいけないのです。


責任準備金や資本金を管理する手間とコストは、保険会社にとっては厄介な問題です。変額年金に加入すると、何やかんやと手数料なり管理費などの名目でお金をちょこちょこ抜かれるのは、こんなところにも一因があるのかもしれませんね。


この変額年金の責任準備金や資本金は、主要な経営指標として公開されています。たとえば、変額年金専門の保険会社である三井住友海上メットライフの平成19年度の責任準備金は145.35億円です。資本金は308.6億円となっています。


各社のサイトで資料を探して、ぜひチェックしてみることをお勧めします。

スポンサードリンク


『保険モール』で各社年金保険の保険料をネット上でリアルタイム検討
個人年金保険を同条件で比較するなら、このサイトが一番便利です。見積もりしても一方的な営業電話が掛かってこないのが、最大の魅力ですね。
 
  

  人気ブログランキングへ

この記事のタグ

サイト内関連記事

米国の変額年金
 米国は変額年金の本場です。その歴史は古く、1950年に米国教職員退職ファンドが......
変額年金のシェア
変額年金のシェアは加入する変額年金を決める上で、とても参考になる情報だと思います......
変額年金の特別勘定。その基礎と比較方法を知る。
変額年金の特別勘定について、基本知識と比較のポイントなどをお話してみたいと思いま......
変額年金の元本保証
変額年金の元本保証には大きく分類すると、2つのタイプのものがあります。 ひとつは......
変額年金の契約初期費用
変額年金の契約初期費用は、一時払い保険料に対して2~5%というのが主流です。 こ......
変額年金の税金はややこしや?
変額年金の税金を理解しておかないと、正確な手取り受取額が分かりません。 変額年金......

検索されたキーワード&関連ニュース


  • SEO
  • loading
  • 変額年金保険Webマガジン

  • seo

関連ニュース

▲このページのトップへ