松原の結論 ⇒「個人年金保険には入るな!」

個人年金保険の比較サイトを運営しているくせに、「個人年金保険に入るな!」という結論に達した松原が、その理由と、ほとんど知られていない優良な運用手段をお伝えします。

>> 続きはこちら  

変額年金ランキング

変額年金ランキングを見て、加入の判断材料にしたいという方も多いと思います。


しかし、ネット上で見ることができる変額年金のランキングは、ほとんどが保険比較ポータルサイトのランキングです。あれはサイト利用者がした資料請求の数でランキングしていたり、保険料の高い安いで並べているだけであったり、・・・まあ要するに「使えない」変額年金ランキングです。情報収集のためのリンク集と考えれば、役に立つかもしれませんが。


では、信頼するに足る変額年金のランキングを知ることはできないのか?というと、そうでもないんです。


保険会社というのは、情報開示を強く義務付けられています。その項目は驚くほど多岐に亘り、よく知られているソルベンシーマージン比率などはもちろんですが、実は、保険種類別の保有契約高、新規獲得契約の件数や金額まで、情報公開しているのです。


変額年金に興味のある方であれば、保険各社が特別勘定で運用しているファンドの成績を公開しているのはよくご存知かと思いますが、各社の個人年金がどのくらい売れているかまで知ることができるとは、意外に知らない方も多いんじゃないでしょうか?


ということはですね、各社の保有契約高でのランキングならば可能、ということになります。

週刊東洋経済の臨時増刊『生保・損保特集 2008年版』に、各社の保有契約高から弾き出した、変額年金ランキングが掲載されていました。2008年3期の各社決算資料等から、変額年金の保有契約高をランキング形式にしてみると、以下のようになるようです。(カッコ内数字はシェア割合を示しています。)

1位  ハートフォード(22.1%)
2位  三井住友海上メットライフ(13.7%)
3位  住友生命(12.7%)
4位  アイエヌジー(12.4%)
5位  東京海上日動フィナンシャル(12.2%)
6位  マニュライフ(7.2%)
7位  アリコジャパン(5.0%)
8位  三井生命(4.4%)
その他 (10.2%)


実際、私が変額年金について調べる際に、このランキングはとても役に立ちました。この変額年金のランキングを知るまでは、アリコや第一生命、日本生命、住友生命などテレビコマーシャルを盛んに打っている知名度の高い保険会社しか調べてませんでしたから。


皆さんもこの変額年金のランキングをぜひご活用下さい。やはり上位にランキングされている会社の変額年金はいい商品が多いですよ。


あっ・・・ちなみに2009年5月1日、第一位にランキングされているハートフォード生命は、2009年6月から新規契約の取り扱いを一時中止すると発表しました。昨今の世界同時不況の影響でファンドの運用状況が悪化している今、新規契約は負担にしかならないとの判断でしょう。詳しくは、「ハートフォードの変額年金」をご覧下さい。

スポンサードリンク


『保険モール』で各社年金保険の保険料をネット上でリアルタイム検討
個人年金保険を同条件で比較するなら、このサイトが一番便利です。見積もりしても一方的な営業電話が掛かってこないのが、最大の魅力ですね。
 
  

  人気ブログランキングへ

この記事のタグ

サイト内関連記事

一時払い変額年金保険と「積み立てタイプ」の比較
一時払いの変額年金保険が主流ではありますが、最近では保険料の支払いが積み立てタ......
ハートフォードの変額年金
ハートフォードは変額年金の国内シェアNo.1を誇る保険会社でした。 ハートフォー......
三井生命の変額年金
三井生命の変額年金に『M-VA(エムブイエー)』がありますが、はたしてこの保険、......
変額年金の比較のポイント&比較結果報告
変額年金の比較のポイントはいくつかありますが、それはさておき、まず私なりに比較し......

検索されたキーワード&関連ニュース


  • SEO
  • loading
  • 変額年金保険Webマガジン

  • seo

関連ニュース

▲このページのトップへ