変額個人年金保険は米国ほど普及していませんが、アリコジャパン・アリアンツ・ハートフォード・マニュライフ等が販売しており、個人年金保険における変額年金の販売シェアは拡大しています。当サイトでは、一時払い保険料が元本保証されるものを厳選して、各社の変額個人年金保険を比較していきます。相続や確定申告など、変額個人年金保険にまつわる税金のお話も徹底解説しますので、ぜひお役立て下さい。

スポンサードリンク


『保険モール』で各社年金保険の保険料をネット上でリアルタイム検討

個人年金保険を同条件で比較するなら、このサイトが一番便利です。
見積もりしても一方的な営業電話が掛かってこないのが、最大の魅力!

変額個人年金保険への加入は当サイトだけでOKです!

米国などと比べると、日本での変額個人年金保険の歴史は浅く、1999年にはじめて変額個人年金保険が販売されるようになりました。しかし、ご存知の通り現在に至るまで日本は超低金利です。預貯金や定額の個人年金保険では、ほとんど老後の資産を増やせない状況の中、変額の個人年金保険はジワジワとシェアを拡大していき、2005年、わずか6年で個人年金の50%を越えるまでに成長しました。


日本では立ち遅れていた分野だけに、他の保険商品と比較して、アリコジャパン・アリアンツ・ハートフォード・マニュライフ等、母体が外資系である保険会社が、変額個人年金保険の国内販売シェアの多くを占めているのが特徴です。


定額の個人年金保険では、毎月の保険料を積み立てていくタイプが多いですが、変額の場合、ほとんどは一時払いです。そこから確定申告等の税金上の取り扱いが異なります。個人年金保険に加入する際は、税金の計算もしておかないと、正確なお金の流れが把握できません。当サイトを利用して、相続も含めた、個人年金にまつわる税金関連の知識を習得して頂きたいと思います。


各保険会社の比較もバッチリしていきます。なお、その際は一時払い保険料が元本保証されているの変額個人年金保険に限定して比較をしていきます。私としては、解約の場合などを除いて、年金原資保証あるいは年金受取総額保証が付いている変額個人年金保険以外への加入はお勧めできません。老後の資金は「絶対に減らさない」というのが前提条件だと思っておりますので。同じ考えの方には、きっと参考になる比較結果をお知らせできると、自負しております。


変額個人年金保険の基礎知識から税金関係、そして商品の比較までと、変額個人年金保険に加入するために必要な情報はすべて揃えたつもりです。ぜひご活用下さい。

個人年金保険よりも遥かに賢い投資先、教えます!

個人年金保険の比較サイトを運営しているくせに、「個人年金保険に入るな!」という結論に達した松原が、その理由と、まだほとんど知られていない優良な運用手段をお伝えします。

>> 続きはこちら  

  

  人気ブログランキングへ

検索されたキーワード&関連ニュース


  • SEO
  • loading
  • 変額年金保険Webマガジン

  • seo

関連ニュース

▲このページのトップへ